« PreviousNext »

Entry

オリジナルフォントの作り方

社内のサイン用に会社ロゴに使われている「A,X,E,L」に加えて、足りないアルファベットを補充し、フォントにしてみよう計画を勝手に立案し、勝手に実行してみました。

で作ったのが、「AXEL」フォント(Windows用プロポーショナルフォント)。フリーです。
...といっても、まだ大文字アルファベットしかないんですが。時間のあるときに、小文字と数字位は作ってみようかなぁ、と思ってます。

んで、作り方ですが、とりあえず有名な「TTEdit」を使ってみました。まずダウンロードしてインストールします。30日間は試用可能、継続使用の場合は¥8,000だそうです。本格的なTrueTypeフォントの書体デザインができることを考えるとこの値段はお買い得ですね~。

さらっと作り方を。

新規作成ボタンをクリックすると、ウィザード形式でどんなフォントを作るか聞かれますので、希望の形式を選びます。今回は、欧文フォントのプロポーショナルで作りました。

既存フォントも読み込めますので、特定フォントの改造って感じでも作れますよ。今回の制作では会社のロゴのアルファベットベースなんで、イラレで作ってコピペしました。

コピペして、画面のベースラインにフォントを合わせ、上下の境界(アセント、ディセント)の範囲内にフォントをリサイズします。さらに画面ルーラー上にある小さなつまみで、左右の範囲を調整できるので、適度な位置に合わせます。

大体こんな感じで完成です。

TTEdit.jpg

Page Top

« PreviousNext »