« PreviousNext »

Entry

CentOS 5.5(64bit版)にswfmillをインストールする手順

swfmillの解説

このツールは、Flashのswfファイルを解析してその内容をxml形式で吐き出す機能を持っており、使いようによってはかなり便利なのですが、依存ライブラリを多数インストールする必要があるため、インストール作業にかなり手間取る場合があります。

下記は色々と試行錯誤した末に、弊社で使用しているCentOSにswfmillをインストールするための定型的な手順をまとめたものになります。
(ただし2010/07/09時点で弊社で使用しているCentOS 5.5(64bit版)での情報になりますので、他の環境で同様な手法でインストールできるかどうかは分かりません)

こちらの情報を参考に、各依存ライブラリのyumでのインストールも試してみましたがうまくいきませんでした。

※libxml/libxsltに関しては、弊社環境では64ビット環境用のライブラリが既にインストールされていましたので、32ビット版のインストールではそれとバージョンを合わせました。

# yum install gcc-c++ autoconf automake

# cd
# wget http://xmlsoft.org/sources/old/libxml2-2.6.26.tar.gz
# tar zxvf libxml2-2.6.26.tar.gz
# cd libxml2-2.6.26
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

# cd
# wget ftp://fr.rpmfind.net/pub/libxml/libxslt-1.1.17.tar.gz
# tar zxvf libxslt-1.1.17.tar.gz
# cd libxslt-1.1.17
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

# cd
# wget http://ftp.twaren.net/Unix/NonGNU/freetype/freetype-2.3.12.tar.gz
# tar xvzf freetype-2.3.12.tar.gz
# cd freetype-2.3.12
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

# cd
# wget http://sourceforge.net/projects/libpng/files/zlib/1.2.3/zlib-1.2.3.tar.gz/download
# tar xvzf zlib-1.2.3.tar.gz
# cd zlib-1.2.3
# ./configure --prefix=/usr -s (※sオプションが重要)
# make
# make install

# cd
# wget http://sourceforge.net/projects/libpng/files/01-libpng-master/1.4.3/libpng-1.4.3.tar.gz/download
# tar xvzf libpng-1.4.3.tar.gz
# cd libpng-1.4.3
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

# cd
# wget http://swfmill.org/releases/swfmill-0.3.0.tar.gz
# tar xzf swfmill-0.3.0.tar.gz
# cd swfmill-0.3.0
# export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib
# export PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib/pkgconfig
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

Page Top

« PreviousNext »